キャラクター行動とプレイヤー行動による注意事項

■当コンテンツは、『他世界でのキャラクター』となってチャットにてコミュニケーションを行うものとなっております。

 その際に『プレイヤーが行った行動』によって、『相手のキャラクター感情』に影響を及ぼす事もございます。

 また、『メタ』の行動をお願いする時に、そのままPL発言としてではなく、この世界で使われている比喩表現にて、相手『プレイヤー』に行動をお願いすることもございます。


・内緒話をしたいので、個人部屋設定をROM可からROM不可にしてほしい場合。


A>>君と内緒話がしたい。カーテンを閉めて鍵を掛けてもらえるか?(他の誰にもこの会話を観測出来ないようにしてほしいと頼み)

B>>分かった(立ち上がって、カーテンを閉め、がちゃりと鍵をかけた)


 上記のAは部屋をROM不可設定にし、パスワードを設定してほしかった。しかし、伝わりきらず、描写のみでBは済ませてしまった。

 もう少し直接的な表現をしていた場合でも、相手には伝わりきらない場合はございます。

 プレイヤーとしてのお願いが伝わっていた場合でも、相手が『やり方が分からない、知らない、事情があってできない』等で、行えない場合もございます。

 相手の比喩表現が分からなかった場合や、相手に伝わりきっていない場合など、『意志の疎通がうまく取れていないと感じた時』には、プレイヤーとしてコンセンサスを取ることも選択肢に入れてください。

 例に挙げたようなシーンは、精神負荷の高いやりとりで発生しやすいシチュエーションでもあります。当ゲームでは、プレイヤーの安全のためであれば、チャット中のプレイヤー発言も許容しております。必要に応じてお使いくださいませ。

 プレイヤーとしてサイト内でやりとりをする方法としては、MagitterのPM(プライベートメッセージ)や、メールボックスもございます。

※プレイヤーとしてメッセージを送る際は、お互いのPL交流可能サインをご確認ください

言っている意味や、相手の行動の真意が『プレイヤーが分からない場合』は、是非お相手への確認を行って下さい。

 意思疎通がうまく取れない事は、『キャラクターへの不信感』を募らせる事にも成ります。

 ひいては、プレイヤーへの不信感も溜まる可能性がございます。

 当コンテンツは、文字によるコミュニケーションゲームとなります。

 伝わりきらない部分は多々あります。

 その分、代替手段も用意しておりますので、自分の意志が伝わっていないな、相手の意思をくみ取れていないな、という事を感じた時には、是非別の手段(PL交流等含む)でも意思確認を行って下さい。



 また、キャラクターとして信用している人物だからこそ託した事柄や、お話した事等もあるかと思います。

 チャットログの公開の取り扱いにもかかりますが、相手の発言や行動等にも、コンセンサスが取れるとなおさら円滑なコミュニケーションが取れるかと存じます。

(※わざと裏切る。わざと公開するというムーヴもございますので、こちらは禁止事項ではございません。しかし、キャラクターからの印象値が下がる事もございますので、悪役ムーヴを行う場合にはご注意下さい)


 先ずは言葉を交わして下さい。

 宜しくお願いいたします。 

0コメント

  • 1000 / 1000

イクサ魔法学院

世界物語シリーズの準備サイト。Webと生身を使って体験する没入体験イベントを企画、運営しています。